© 2019 KazuhiroTakayama / Hajime Yamaki

  • Twitter Clean

​※フライヤー内画像は前回作品のものです。

takaYAMAmoto企画 vol.2

「殺されてから、息をして (仮)」

オールキャストオーディション募集要項

 

【募集する役柄】

全キャスト(ダブルキャストを予定)

・メインキャスト 男性3役、女性4役程度 

(一部女性キャストのみダンスあり、全キャスト歌唱なし)

・ダンサー  男性2名、女性4名(台詞、歌唱なし)

 ※メインキャスト・ダンサーの併願可。

 

【応募条件】

・16歳以上35歳以下の方。

・下記稽古・公演日程に参加できる方。

・芝居またはダンスの経験を有する方。

(ダンサーはジャズ、コンテンポラリー、シアターのうちいずれかの経験者)

 ※実力に応じて10-25枚程度のチケットノルマをお願い致します。

 ※出演料あり(ノルマ販売額の20-25%程度を予定)

 ※規定枚数以上の販売で追加のチケットバックもあり。

【稽古・公演期間】

稽古期間:2020年7月2週目~

 ※稽古場は東京都内のスタジオ等を予定

 ※週3~5日程度を予定

 ※ダンサーは8月~、週1~3日程度を予定

 ※8/26~を集中稽古期間とし、基本NGの提出ができません。

公演期間:2020年9月11-14日 (7公演予定、プレ公演除く)

 ※9/9より小屋(アトリエ第Q藝術 1Fホール)入り予定​

【審査】

1次審査:WEBメールでの申し込みによる、書類審査

 ・規定の応募用紙(または同内容をメール本文に添付でも可)に必要事項を記入の上、メールにて提出。

 ・さらに、バストアップ写真、全身写真の計2枚の提出をお願い致します。

 

2次審査:実技審査、質疑応答

 ・審査の詳細な内容と課題資料は、1次書類審査通過者にのみ、メールにてお伝え致します。

 ・2次審査日程は2020年4月23.24.29のうちいずれか1日1~2時間程度の予定。

 

【提出期限】

下記メールアドレスに、必要事項を記入し、写真を添え、件名を「殺されてから息をして 応募」とし、2020年3月22日(日)までに送信してください。書類審査の合否については、随時審査しお知らせ致しますが、2020年3月31日(火)までにお知らせの無い場合お問い合わせください。

書類の受付は終了いたしました。受付完了メールが届いていない、提出を忘れてしまった等ありましたら至急お問い合わせください。 musical.love.variation@gmail.com または HP内お問い合わせフォームをご利用ください。

 

【募集するメインキャスト配役と役柄のイメージ】

 ※全役想定年齢は20代後半

 

①佐伯カオル 主演、男性、所轄の若手刑事、

本公演で起こった事故の捜査のため劇団蛹座にやってくる。平山ナオコの教育係。


②青柳キョウスケ 男性、劇団員兼蛹座座長。

温厚そうな性格の裏に、時々劇団員に対する高圧的な態度が見え隠れする。長尾ナツコの元旦那。


③多田野ヒロユキ 男性、劇団員。

口調の荒さが目立つ若者。よく言えばあっけらかんとした性格の持ち主。花村ユリと交際している。


❶平山ナオコ 女性、所轄の新人刑事。

佐伯カオルの相棒だが不慣れな現場と彼の荒い人使いに戸惑いを隠せず、立場を忘れることがままある。


❷長尾ナツコ 女性、劇団員。

蛹座の演出脚本を担当している。青柳キョウスケの元妻。高校生の頃に遭った事故の後遺症を足に抱えている。


❸桑原ノゾミ 女性、劇団員。

演劇に対して興味がないのか蛹座では特に適当な態度が目立っている。しかし一番楽しそうにやっているのも彼女である。


❹花村ユリ 女性、劇団員。

目立たないが、蛹座で一番我を通すタイプであり、温室育ちの兆候が垣間見える。多田野ヒロユキと交際している。


❺吉田サユリ 女性、劇団員。(ダンスシーン有りの予定)

劇団蛹座の解散の要因となった人物。幕が開ける直前、彼女は自殺と見られる衝撃的な姿で観客の前に姿を現すことになる。

 

​【脚本・山木よりコメント】

当公演「殺されてから息をして」に目を留めていただいて、ありがとうございます。脚本担当の山木と申します。
前回公演の好評を受けまして、おかげさまで、第二弾が決定いたしました。

今回物語の中心となりますのは、とある劇団「蛹座」の解散公演の最中起こった、ひとつの事件です。
観客は出演者と共にその事件を目撃し、そのまま、時間と空間が共有される会話劇に足を踏み入れることになります。

そこでは大きな舞台転換があるわけでも、演者が入れ替わり立ち替わり動き回るわけでもありません。
ただ刻一刻と、状況だけが変化し、不穏な空気を帯びつつ、文字通り客席の目の前で物語は進行していきます。
そんなシチュエーションを、観客も、演者も、楽しんでいただけるのではないかと考えております。

今回も前作に負けず劣らずの意欲作ですので、ぜひ、舞台を愛する方々のお力添えを得られればと思います。
どうぞ、よろしくお願いいたします。

応募用紙は以下アイコンから
​ダウンロードしてください。

ご応募頂いた方全員に書類受付完了のお知らせをメールにて送付致しました。メールが受信できていない方いらっしゃいましたら至急お問い合わせください。

This site was designed with the
.com
website builder. Create your website today.
Start Now